TOEFLは学生に向いている英語技能テスト

日本で一番有名な英語検定試験といえば、実用英語技能検定試験(通称:英検)ですが、最近ではそれにとって変わるようにTOEICというアメリカの団体が主催している英語検定がメジャーになってきました。企業などでもこのTOEICを英語力の基準にするといった方針が見られますし、たびたびテレビなどでも紹介されていますから多くの方がご存じでしょう。そしてもう一つ、日本ではTOEICほどメジャーではありませんが、世界的には同じくらい有名なTOEFLというものがあります。

TOEFLは、TOEICと同じような英語技能の検定試験ではありますが、その方向性も難易度も大きく違います。

TOEICは、英語によるコミュニケーション能力を問うための試験で、どちらかといえば日常会話とかビジネス会話に近い問題が出題されます。

対してTOEFLは、日常的な事もそうですがより専門的・学術的な英語の能力を問うことを目的としています。英語圏の大学で勉強をする際にはTOEICよりもTOEFLのスコアが重視されますし、TOEFLのスコアが無い希望者は大学側から拒否されることも珍しくありません。

TOEICよりもTOEFLの方がより専門的な分野を扱っているため、難易度は上と言えます。外国語大学などではこちらの試験結果をクラス編成に用いていたりもします。既に学業を修めた一般人が受けるテストではありませんが、学生であればTOEICよりも受けておきたいテストです。