英語の勉強も動機づけにTOEICを受験しましたが

大学受験のからほとんど英語を使用することがなかったのですが、もうすぐ定年を迎えるので何か趣味でも始めようと考えてTOEICを受験を思いつきました。受験勉強することで英語を自然に覚えられるだろうということで初めて、初めて受験しましたが、結果は400点でした。この点数が良いのか悪いにのかわかりませんが、ヒアリングと長文読解がほとんどできていないことにがっかりしました。

もともと人と話すのが苦手なので、会話の出題が多いTOEICの本来の目的をもっとよく理解しておけばよかったです。気持ちを切り替えて英語にもっと触れるべきと認識し、会社で通勤する車の中でAFNを聞くことにしましたが、会話もありますが音楽が多いので正直なところあまり勉強になってません。最近はアメリカの大統領選挙が報道されることが多いので、この時間は多少理解できるので楽しんで聞いています。

次に昔の映画を字幕でみることを思いつきました。少し古い英語ですが、映像で内容が理解できるのでなんとかついていけます。

昔ローマの休日をみたことがありますが、改めてオードリーヘップバーンの声を聴くとこんな声だったのかと感動しています。英語の勉強しているのですが、内容が今見ても面白いので良い映画はいつみても変わらないことを実感しました。

テレビの洋画も録画して英語放送で聞いていますが、音が小さいのでボリュームを上げても聴き取りにくいのが難点です。英単語のボキャブラリーが少ないこともあるので文句を言っても仕方ありません。