英単語の覚え方~中級編~

英語の基礎力=単語力!通っている英会話学校の先生によると、目安として、まずは400語新しい単語を覚えると今まで読めなかったものが読めるようになる感覚が増えるそうです!まずは知識を増やすことは英語力の底上げになります。それからその単語を使って自分で文が作れるようになると、知っている状態から「使える」状態になるわけです。いきなり使えるようにならなくてもよい!と割り切ってまずはばんばん新しい単語を覚えていきましょう♪じゃあどうやって単語力を増やすか?これも様々な方法があり、人によって合う方法・合わない方法があります。これならできそう!と思える方法をまずは見つけましょう♪参考までに、今私がやっているのは単語帳を使った方法をご紹介します。使っている単語帳というのは、英語の記事(エッセイや会話文など)を読むことで単語力をつけましょう!というコンセプトのものです。やり方はこちら。

①紹介されている単語の意味が自分でわかるかどうかチェック。(少し厳しめにチェックするため、日本語が浮かぶかどうかでチェックします。なんとなく意味がわかる、文の中で意味が予想できるというものはわからない単語として分類)

②英語の記事を読む。(最初に自分がどのくらい理解できるか実感。)

③その中で自分がわからないとチェックした単語を含む文の「日本語訳」に下線をひく。

④その日本語訳を見て、英語記事の文が書けるように練習。×2回

⑤もう一度単語のみを見て、日本語訳がすぐでてくるかチェック。

⑥わからないものがあったら④に戻る。

この6段階です。

より具体的に説明すると・・・例えば、単語チェックの段階でbeautifulがわからなかったとします。英語記事の中で、beautifulを含む文の日本語訳が「彼女はとても美しい」だったとしましょう。この文を英語で書けるように練習します。答えは記事の中にあるのでまずはそれを読みながら、頭の中に日本語訳を思い浮かべながら”She is beautiful.”と書きます。(もちろん言えるように、でもいいです。)

今度は答えを見ずに「彼女は美しい」→”She is beautiful.”と書けるように練習します。She is・・・・・美しいってなんだっけ?となったら空欄にしておきましょう。後程答え合わせをして、美しい=beautifulと頭に刻みます。もちろんこの単語帳にはたくさんの英語記事が載っているので切りよく(例えば1章)やり終えたらもう一度わからなかった単語をチェックします。そのとき、beautiful=美しいとわかればOKというわけです。

これは机上の練習ですが、私はこの方法と合わせて附属のCDを車の中で聞いて音読していますので発音練習もしています。この方法のいいところは、①繰り返しが自然にいろんな方法でできるので単調にならない。②単語だけではもちろん、リアルな例文と一緒に練習できる。③文を書く際に、文法力も鍛えられる。④多くのリアルな例文に触れることができる。この方法を実践して、単語力が増えてきたのはもちろん、前置詞の使い方や英文の自然な組み立て方のパターンが身についてきました♪この方法、ためしたい!と思った方はぜひおためしあれ♪