語学留学で言語力を極めるのか、それとも次元の違う社会を経験するのか?

語学留学をする時に、何を目標としているのか?何を目的としているのか?いったいどちらなのか質問したいです。語学留学する人間の考え1つで語学留学で得る物は全く変わってきます。語学留学というのだから、語学をなんとしても身に付けたいと望むのであれば、日本人なら日本人がいない学校を選ぶことであり、学びたい現地の言葉だけで留学期間を過ごすことが一番です。

一言も日本語を話さない覚悟を持って語学留学に臨む人間も実際にいます。中には日本人が学校にいないだけでなく、学校の周辺にも日本人を見かけない地域を選ぶ人までいます。そういう語学学校であれば日本人のアドバイザーは現地にはいないです。全てネットで調べて現地の学校と現地の言葉で手続きをすることになります。語学を徹底的に学びたい人は日本にいる時からすでに日本語と離れています。

一方で様々な経験を積みたいというのであれば、比較的人口が多い都市を選ぶのがいいかもしれないです。その国の文化や歴史や社会を毎日広く感じることができます。人口が多い場所であれば、必然的に人との出会いが多いわけです。現地のコミュニティーも充実しているでしょうから、そこに入れば、より多くの経験を得れます。現地の日本人から学ぶこともあります。海外でどう生き抜くことが出来るのかを、実際に現地で生活している日本人を見たり聞いたりして参考にもできます。

そこまで究極な選択をする必要はないと思うかもしれないですが、人生における一つの小さな歴史だけでなく人生にとって大きな分岐点にするには日本から離れる前に覚悟を決めておくのも良い選択だと大人になると、そう言い切れます。