海外に住めば英語が上達する!なんて大間違い!

私は、海外に住んだ経験があります。海外に移り住むまえから英語には興味があり、大学時代に英会話スクールに通ったり、普段の生活の中で単語帳を開いてみたり英語のラジオを聞き流してみたりしていました。幼い頃からの漠然とした夢の一つが、英語がペラペラになること。

幸運なことに、夫の仕事で海外に移り住む機会が与えられ、「これは、英語がペラペラになるという夢が叶うに間違いない!」と、大きな期待を胸に海外生活をスタートさせました。

いざ、現地での生活が始まると、各種手続きは夫任せ、買い物は日系スーパーで済ませることができ、帰宅すればスマホを開いて日本のニュースをチェックしたり日本の友達とコンタクトを取る毎日、、全く英語に触れずに生活をすることができてしまうのです。はじめのころは、少なからずホームシックにもなっていたので日本の友達を頼ったり、日本と変わらない環境を作っていくことに罪悪感はありませんでした。

しかし、時間が経つにつれて「英語がペラペラになる夢はどこに消えた?」と自分に問うようになりました。やはりこれでは、自分の為に良くない!と気持ちを切り替え始めました。

海外に住んでいるからと言って、誰でも自然と英語が上達すると思ったら大間違い。自分で英語に触れる機会を作り、勉強を重ねていかなければ、日本に住んでいるのと何ら変わりないのです。

英語が上達する方法を調べ、リスニングとスピーキングを中心に勉強を継続して、やっとの思いで現地の人たちとコミュニケーションを取れる程度になりました。

海外に行けば、自然と英語が上達すると思っている方、それは大きな間違いです。なにをするにも努力が必要です。私もまだまだ勉強が足りません。日々、一緒に頑張りましょう!