ビジネス英語を学ぶには決まった表現を頭に詰め込むのもOK

ビジネス英語というのは、通常の日常会話とは違います。使われる単語、表現がビジネス独特というか、普段は滅多に使わないものを頻繁に使うことがあるのです。すなわち、ビジネス英語はいわゆる英語とは別に考える必要があります。

ビジネス英語で必要な表現や単語は、ある程度範囲が限られていると思いますから、実はその限られた範囲を身につけるだけでも、仕事上での外国人との会話が理解できたり、弾んだりすることがあるはずです。英語は暗記ではないものの、ビジネス英語に限っては暗記をすれば大分変わりますし、それだけでもコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

しかし、そのためには最低限の英文法が身についていることが条件なので、それが備わっていない人はそこからやるべきだとは思いますけど、文法がちゃんと分かっているならば、特定の表現や単語だけを拾っていけば、ビジネスに限定した会話はある程度成り立つ可能性があります。

さらに言うと、発音とかの問題は後回しで良いと思います。綺麗に発音できればそれはそれで良いものの、会話をするのに発音が正確じゃないといけないということはありません。よほどのケースじゃない限り正しい発音じゃないと理解してもらえないことはないでしょう。日本人的な発音でも言いたいことは分かってもらえるはずです。稚拙な発音でも、まずは会話ができるように心がけることが大切で、発音を磨くことはそれができるようになってからでも良いと思います。